SEO対策としてサテライトサイトを沢山・・

ホームページ自動記事更新プログラム

自動で記事を更新するツール「ホームページ自動記事更新プログラム」 -- 関連記事を静的なホームページに自動で定期的に挿入!!HTMLファイルのタイムスタンプ(更新日時)も自動更新するツール「静的ホームページ自動記事更新プログラム」 あなたのサイトを自動記事更新で
検索エンジンにアピールしませんか? サイトは更新頻度が高いほど検索エンジンに高評価を得るということを聞いたことはありませんか? だけどそんなにしょっちゅう更新なんてできないですよね!?
そんな時間もないし、ましてやブログでもないのに毎日更新するようなネタもなし。
サイトを立ち上げた時には検索結果も高順位だったのに、そうこうしているうちにどんどん順位が下がっていった経験はありませんか?
SEO対策としてサテライトサイトを沢山作ったはいいが、作りっぱなしでは検索エンジンロボットが巡回してくれないので、全く効果がなくなってしまう。
かといって、IPアドレス分散目的でいろんなサーバーに分散していて、しかも数が半端じゃない!! とてもじゃないが毎日更新なんてしてられない。
そんな方のために登場したのがこの 自動記事更新プログラム です。 「自動記事更新プログラム」とは? RSS を読み込んで最新の記事をホームページに表示します。
通常RSS 記事を表示するには iframe タグを使って外部ページを表示させますが、今後 iframe タグは禁止されたり、スパム対策として表示されなくなるブラウザ等が出てくることが予想されます。
このプログラムは、iframe タグを使用しないで お好きな RSS 記事を希望の件数で表示する ことができます。
しかも 静的ページを生成します ので、SEO 的にも効果があります。
(実際にファイルに記事を書き込みますので、検索ロボットも更新されたことを認識します)
RSS サイトを指定することで変な記事が表示されることなく、質の良いサイトを保つことができます。Yahoo! ニュースなどを表示すると良いでしょう。
また、 キーワードを指定して自動でRSS 情報を取得 してくることもできます。
日付順、または関連性の高い順を指定して取得することができます。 記事が更新されていれば、アクセスするたびにページが更新されます。 ブラウザの表示だけではなく、実際にファイルが書き換わります。 もちろんタイムスタンプも更新されます。 ホームページの仕組みと更新頻度が高い場合の効果 サーバーに URL を送信(リクエスト)すると、保存されている HTML ファイルのデータをそのまま返します。
クライアント PC もそのままブラウザに表示します。
検索エンジンロボットも同じ仕組みでデータを要求、取得しますが、ブラウザに表示されたデータ(図1- C)ではなくサーバーから返ってきたレスポンスデータ(図1- B)を取得します。
その時にファイルの最終更新日時(ファイルをアップした日時)も取得します。
検索エンジンでは HTML データが前回のものと違っていれば更新されたと判断していますが、おそらくファイルの最終更新日も判断材料にしていると思われます。
もし頻繁に更新されていたとしたら・・・
[更新頻度が高い] => [クローラーが頻繁に訪れる] => [優良サイトである] => [検索順位がアップする]
という効果が期待できるのです。
しかし、毎日ページを更新して FTP 転送するのは大変です。サイトを沢山持っているとなおさらです。
そこで自動で記事を表示させるということになるのですが、簡単なのが Javascript を利用する方法です。
これはクライアントサイドアプリケーションといって、ブラウザの機能で表示内容を変化させる仕組みです。
この方法で確かに訪問者には内容が変わって見えますが、検索エンジンロボットは図2- B を取得するので、内容が変わったと判断されません。
ちょっと知識が必要ですが、PHP や CGI、ASP.NET などのサーバーサイドアプリケーションを使う方法があります。
これだとサーバー側で内容を書き換えたデータが送信されるので、検索エンジンロボットも内容が変わったと判断してくれます。
しかし、サーバーにアップしているファイル自体は更新されていないので、タイムスタンプは更新されていません。
★ そこで「自動記事更新プログラム」の登場です ★ ファイルもタイムスタンプも更新されるので、手動で更新ファイルをアップロードした場合と全く同じになります。
しかもユーザーであろうがロボットであろうが、誰かがアクセスするたびに自動で更新されるようになるのです。
想像してみて下さい。検索エンジンロボットを呼び込む目的だけの為に更新作業をする必要がなくなるのです。
「自動記事更新プログラム」はここが違う! ■ 表示だけではなく、実際にファイルに書き込みます。 ファイルが実際に書き換わることで、検索ロボットもページが更新されたことを認識します。 ■ タイムスタンプ(更新日付)がアクセスした日時に更新されます。 タイムスタンプも更新されることで手動で更新した時と同じ状態になり、スパムになりにくくなります。 ■ 表示する記事の件数を指定できます。 ページによって、表示する記事数を変更できます。 ■ 記事の取得先を選べます・・

posted by ビジネス鶴仙人 at 14:24 | Comment(0) | ネットビジネス・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。